ケーナ・サンポーニャ教室の実施
これは聞きなれない言葉だと思います。知っている人は知っている、知らない人は全く知らない。
ケーナとサンポーニャは南米の楽器です。ケーナは昔、カーニャという葦(あし)で作られた縦笛です。
今では竹や木製のものも多くあります。サンポーニャは南米のキメとソンゴという竹(葦)の一種を使った笛です。長いものから短いものまでいろいろとあります。

 

昔ながらの「フォルクローレ」という音楽には欠かせない笛です。

私が主催するケーナ・サンポーニャ教室はこの笛を習っていただいて

みんなで演奏ができるようになって人生に少し楽しみをプラスしてもらおうという教室です。

月二回の2時間ずつの練習をしてます。

教室は篠山教室丹波教室福知山教室の三教室。どの教室に参加していただいてもかまいません。

仕事などの都合でいろいろと活用してください。

目標は毎年三木市の三木山森林公園で行われる三木山フォルクローレ音楽祭に出演することと

年に一回の手作り発表会で演奏することです。


演奏依頼もお受けしております
イベントでの演奏をさせていただいております。メールにてご相談ください

時間と日にちが合えばどこへでも行って演奏させていただきます。

南米フォルクローレ音楽です。

よく知られている曲としては「コンドルは飛んでいく」「コーヒールンバ」などがあります。

珍しい南米の楽器を使っての演奏ですので喜んでいただけると思います。